建築基準法上の道路とは

建築基準法上の道路とは
・建築基準法での道路の定義は、同法第42条に規定されています。
・その道路の種別は以下のとおりですが、このうち、指定道路は、(4)、(5)、(6)、(7)です。
・なお、この規定は、都市計画区域内に限り適用されます。
第42条第1項
・幅員が4m以上ある道路で次のもの
  • (1)第1号【1号道路】
    道路法による道路
  • (2)第2号【2号道路】
    都市計画法、土地区画整理法、都市再開発法、密集市街地整備法等による道路
  • (3)第3号【3号道路】
    建築基準法の第3章(都市計画区域)が適用された際、既に存在した道
  • (4)第4号【4号道路】
    (1)、(2)の法律による新設又は変更の事業計画のある道路で、特定行政庁が指定したもの
  • (5)第5号【5号道路】
    上記によらず築造し、特定行政庁から位置指定を受けた道路
第42条第2項【2項道路】
(6)建築基準法第3章が適用された際、既に建築物が立ち並んでいた幅員4m未満の道で特定行政庁が指定したもの(道路中心線から水平距離2mの線を道路の境界線とみなす。)
2項道路説明
第42条第3項【3項道路】
(7)上記(6)の規定にかかわらず、特定行政庁が道路中心線からの水平距離について、2m未満1.35m以上の範囲内において、別にその水平距離を指定したもの